中山マコト氏が贈るキャッチフレーズ

中山マコト氏は、よい商品を売っている、経営するための努力も怠っていない、十分な知識とノウハウを持っているのに、全く成果が出ないのであれば、黄金のキャッチフレーズを持っていないからだと言っています。黄金のキャッチフレーズというのは、成果に繋がる正しいキャッチフレーズのことです。商品には必ずと言ってもよいほどキャッチフレーズが付けられています。もちろん商品だけではなく、飲食店や商店であっても同様です。例えば有名な飲食チェーン店では、うまい、早い、安いというキャッチフレーズを用いています。このようにインパクトがあって効果的なキャッチフレーズを用いることで、ビジネスはかなり高い確率で成功すると言えるでしょう。逆に効果的なキャッチフレーズを用いることができなければ、成功するのが難しくなりますし、成功するまでにかなりの時間がかかってしまうと言えます。しかし、自分ではとてもよいキャッチフレーズだと思っていても、利用する人がよいキャッチフレーズだと思っていなければ意味がありません。中山マコト氏は、自分とお客がシンクロすることが大切だと言っています。自分の考えと利用するお客にズレが生じてしまうと、当然お客の多くは自分の商品を購入してはくれません。このズレをどう正していくのかが重要になります。自分とお客がピタッとシンクロするキャッチフレーズというのは、どのような営業にも勝ると言えるでしょう。このキャッチフレーズはこの商品だ、この店舗だと思ってくれるようになれば、特に宣伝をしなくても自然とお客を呼ぶことができるのです。

中山マコト氏は、成功者というのは選ばれた人ではなく、選んでもらった人だと言っています。ようするにビジネスで成功するためには、顧客の存在が絶対だと言えるでしょう。そのため、多くの顧客に選んでもらえた人が成功者だということです。そのためにはやはりキャッチフレーズというのは大きな武器になるでしょう。このキャッチフレーズも、多くの人に選んでもらえる、評価してもらえるように考えなければいけません。世の中にはたくさんのキャッチフレーズがあります。その中でも成功している、即ち選んでもらうことができたキャッチフレーズというのはごく僅かなのです。短い文面でインパクトが与えられるのか、わかりやすくなっているのかが重要でしょう。たった数文字違うだけでも、選んでもらえるのか選んでもらえないのかが決まってしまうと言っても過言ではありません。大切なことは、言いたいことがきちんと伝わっているのか、小学生でもわかるレベルになっているのかです。先ほど紹介した、うまい、早い、安いというのは、小学生でもわかりますし、何が言いたいのかもはっきりとしています。だからこそ黄金のキャッチフレーズとなったのです。このような文面を考え付けば、自然と顧客が選んでくれると言えるでしょう。同じような意味であっても、柔らかくてわかりやすい文章と、硬くてわかりにくい文章があります。共に業務提携しようと書くよりも、一緒に働こうと書いた方が、子供にもわかりますし、柔らかい文章になります。このような単純な発想が大切になると言えるでしょう。

中山マコト氏が解説している黄金のキャッチフレーズにするためには、まず正しいキャッチフレーズにすることが重要なのです。キャッチフレーズを考えても効果が出ないのは、正しくない間違ったキャッチフレーズだからと言っても過言ではありません。しかも世の中にたくさん存在するキャッチフレーズの大半は間違ったものであると中山マコト氏は言っているのです。中山マコト氏は、正しいキャッチフレーズは磁石のようなものだとも言っているのですが、磁石というのは知っての通りにS極とN極があります。S極同士やN極同士では反発してしまい、くっつくことはありません。逆にS極とN極であれば、近づいただけでもくっつきます。このように黄金のキャッチフレーズを用いることで、自然と顧客が自分のもとにやってくるのです。例えば店の近くに来た人が、看板のキャッチフレーズを見て、中に入ってみたいと思うのが正しいキャッチフレーズです。逆にあまり興味を持ってもらえずに、その場から去ってしまうのが間違ったキャッチフレーズなのです。もし間違ったキャッチフレーズが定着してしまえば、この店のキャッチフレーズはこの間違った文面だというイメージが付いてしまいます。そうしたら商品を変えても、システムを変えても成功するのが難しくなってしまうでしょう。だからこそ最初によいイメージを付けておくキャッチフレーズが大切になるのです。よくないイメージが付いてしまえば売り上げを確保するために、余計な作業をしなければいけなくなりますし、相手に必死になってお願いするような、ペコペコ営業を行う必要も出てくるという悪循環になってしまいます。だからこそ最初が肝心だと言えるでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 先輩から、部分痩せに効果があるサロンがあると聞き、二子玉川 マッサージを受けに足を運びました。そちら…
  2. 今年の春から経理部から営業部へ異動になりました。社内勤務の経理部に比べて営業部は外回りが多いため、一…
  3. じっくりと自分の体に向き合ってくれる水戸 エステサロンはいかがでしょうか。気持ちよく利用できる水戸 …
ページ上部へ戻る